2011年01月16日(日)

雪の日曜日 [スタッフ日誌]

画像(108x180)・拡大画像(240x400)

足跡

 今朝、窓を開けるとうっすらと雪が積もっていた。今シーズン初の積雪である。さすが日曜の朝であり、道路にも雪が残っていた。更に、ところどころ凍結もあり、ツルツルとタイヤがすべる。僕はスキーに行くこともあり、それなりに雪道には慣れているが、恐る恐るの車の列にはつかまることになる。そんな駅までの道中であった。

 それでも出勤時は雪もやんでおり「まさかこうなるとは」である。長野エリアの人にとって、申し訳ないが程度であろうが、施設到着ほどなくしてから降り続いた雪に今日の名古屋は雪景色である。

 ということで最初の写真は先ほど撮影した屋上庭園の様子である。真新しい雪に足あつひとつである。

画像(180x108)・拡大画像(400x240)

雪かき

 そんな今日は僕にとって、『認知症サポーター養成講座』の記念すべき名古屋初開催となった。こちらも参加者側に雪の影響が少しでたが、それほど問題もなく終わらせることができた。

 講座終了後1Fに降りてみるとどうも騒がしい。寒空の下で玄関の雪かきに励んでいた加藤さん、須田さんのお二人は大活躍であったようだ。今日は講座の話題を書こうと思っていたのだが、こちらの話題を書こうと思う。

画像(180x108)・拡大画像(400x240)

歩道も

 千種の正面玄関前は少々購勾配のある道路である。僕が1Fに降りた時には大きなトレーラーが停車してしまい車線を塞いでいた。感のよい方はすでにわかったことと思うが、その先にある千種橋の先の信号から詰まると、その都度立ち往生する車が発生していたのだ。話を聞くと、雪かきの最中どうやら何台も車を押したようである。

 「福祉施設の職員として当然である」と息巻くほどでもないだろうが「見てみぬふりもできず」である。残念ながら救出劇の様子をカメラに収めることはできなかったが、施設前の歩道も雪かきをする二人の姿を載せておこう。それにしても、災害というほどのものでもないが、聞きしに勝る都市の脆弱さである。日曜であったことが不幸中の幸いか?明日が心配である。

Posted by 大橋 篤志 at 18時24分

ページのトップへ ページのトップへ

January

2011


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Profile

大橋 篤志

グレイフル浅山

施設長

大橋 篤志

Category menu
New entry

Photo gallery

オレンジロバの歩みは続く

オレンジロバの歩みは続く

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.