2016年12月28日(水)

徘徊高齢者SOS模擬訓練(後編) [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

徘徊高齢者SOS模擬訓練(前編)の続きから

 迎えた当日。晴天に恵まれる絶好の徘徊模擬訓練日和である。施設から徒歩3分ほどにある浅山公民館の集合となる。若干早く付いたが、かなりの人数がお集まりになっている。地域包括の方々、社会福祉協議会の方、市役所の方、そして何より地域の方々。また、来年模擬訓練を行う予定の別地区の方々も集まっており、総勢20名ほどの一団である。

 時間となり、挨拶と詳細の説明を受ける。さて徘徊役である私は、徘徊役の印をつけることとなり、意気込みの挨拶である。あまり練習はしていないが、まあ大丈夫であろう。

 訓練の概要としては3グループに分かれ、浅山と梅ヶ坪地区を歩くことになる。最初のグループは模擬訓練の実施をしていることをアナウンスしながらの先導係り。時には声かけをしてもらう勧誘をもこなす。私は2グループとなり、実際に声をかけてもらう訓練実施部隊である。後続の3グループは実践した方のアンケートを行うという段取りである。

 ざっと1時間近くと歩いたと思う。本当に通りががりの方もいた。頼んで出てきてもらった方々もいた。近隣の薬局さんや地域に飲食店の若い店員さんも声をかけてくれた。庭の剪定にきていた方も参加してくれた。

 本当に、いろいろな方々が声をかけてくれたと思う。実際に声をかけてくれた方は20組程度だったと思う。やってみての感想として「とっても楽しかった」。

 さて、気になる実際である。昨年も参加されて上手な方もいた。ここは大きな成果であろう。持ち物を聞きだし、身元の確認をしようとした方も2組あった。しかし、どう声をかければいいのかわからない方が大半であった。これが実際である。「がんばってください」と応援されるだけの方も3組あった。わからなくて逃げてしまう方もいた。

 途中には認知症予備軍?と思う方にも遭遇した。若干怪訝な顔をしてしまわれたハプニングもあった。(そこは流石に認知症役はやめて対応はしました)

 認知症役と書かれていて声をかけているのである。難しいとは思っていたが、課題はまだまだであると、改めて認識した。次のサポーター養成講座は声かけロールプレイがしたくなった。模擬訓練とサポーター養成講座はセット開催がいいのだろう。徘徊役をするにしても、いくつかパターンやヒントを出す方法を同時に出すのもいいのかもしれない。楽しくなってきた。

 最後に、浅山職員の声かけは「さすがだ」と言ってくれていました。これに一番ホッとしました。

Posted by 大橋 篤志 at 18時58分

ページのトップへ ページのトップへ

December

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile

大橋 篤志

グレイフル浅山

施設長

大橋 篤志

Category menu
New entry

Photo gallery

有料 運営懇談会

有料 運営懇談会

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.