2016年12月31日(土)

2016年今年の1番ニュース [スタッフ日誌]

 今年もこの日がやってきました。大晦日であり、今年の1番ニュースを書く日である。最近はちょこちょこと更新できているので「お久しぶりです」と書かなくていいのが一番のニュースであろうか(笑)冗談はさておき、幾つか候補を考えてみよう。

 何といっても業界にとって一番大きなニュースは、先日国会に提出された「社会福祉法等の一部を改正する法律案」であろう。この改正の主たる目的は、社会福祉法人改革である。簡単に言うと、社会福祉法人運営の透明性と公益的活動の推進を主たる目的にしているものである。施行される来年4月1日に向けて、どこの法人さんも準備に忙しくされていることであろう。ただ、一般的にはわかりにくいかと思う。

 自身のことではれば浅山の施設への異動はあった。初めての地域密着施設であり、このところ記事でも書いているように、面白みも感じている。認知症サポーター養成と徘徊模擬訓練も捨てがたいが、これもパンチとしては弱いだろう。

 介護保険制度を取り巻く環境として、人材問題はやはり大きい。建物作れど・・・という声は相変わらず全国で聞かれている。法人としてEPAの受けいれも始まっている。技能実習の話も具体化されつつある。明るい話題がないわけではない。それでも基本的に出される政策が経済政策の一環であるとの印象が強い。どうにも温度差はあるように感じる。

 マイナンバー制度も大きな出来事であった。そんなこんなと考えた結果を発表する。

【相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」にナイフを持った元職員が侵入、19人を殺害、26人に重軽傷を負わせる】としたいと思う。このニュースは一般でも10大ニュースに選ばれる内容でもあろう。高齢者施設ではないが、あまりに衝撃が大きかった。障がい者施設であることでの報道のあり方の違和感。なんでも介護現場のストレスで片付けられることの哀しさ。犯人の狂気を感じる思想とそれに反応するネット社会・・・。

 今年は自然災害の多かった年でもある。災害によって施設も被害を受けた。そして、この年の瀬に静岡のGHで入居している利用者による殺人未遂事件(現時点での報道によると)が起こった。そして入居されている認知症の方が現行犯での逮捕となった。

 安全管理は大事な仕事である。開かれた施設と安全管理とは?GHでの生活行為として必要な包丁の管理とは?できる限りの準備はしたいと思う。それでも、どうやったら防ぐことができるのか。考えさせられる。

Posted by 大橋 篤志 at 14時50分

ページのトップへ ページのトップへ

December

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile

大橋 篤志

グレイフル浅山

施設長

大橋 篤志

Category menu
New entry

Photo gallery

イルカが見たい(水無月町ユニットからの便り)

イルカが見たい(水無月町ユニットからの便り)

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.