2009年10月13日(火)

オーストラリア報告2−2 [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

壁紙もお好みで

 【2009-10-12オーストラリア報告2−1】の続きから

 各部屋のこちらも私物豊富。服はもちろん洗面用品・化粧品・オムツ・・・。タンスの中外、とにかく私物の多さはハンパ無い。

 何より驚きは部屋の壁の色。こちらでは新しく入居するたびに壁(床も)を塗り直すことは普通らしい。希望の壁の色は当たり前。

 それだけ自分の居場所となるということである。私物の多い分、管理の難しさはあるが・・・。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

オムツカート

 さて、ケアの面である。こちらの見学や体験の時間も多くあった。(ノーリフト(負担の少ない移乗方法)関係の見学がメインであったが、そちらの後日)

 特に排泄ケアは日本式ケアに優位性あると感じた。人が生きる上で排泄は切っても切れない部分である。人のプライドでもあり、心身に様々な影響を及ぼす、大事にしたいものである。この写真は定時交換、オムツカートの風景。

画像(180x67)・拡大画像(500x187)

ちょっといいでしょ

 前回の報告でも書いたが、日本式のケアがいかに極めが細かいかがわかった。

 こちらの写真はただのベッドの写真である。しかしパイプベッドに木製の枠を付けるだけで、これほどの変化があるのだ。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

ヤンカリラ外観

 続きましてはヤンカリラの施設である。ここまでの2施設よりも新しい施設であり、7年前に僕がオーストラリア研修に来たときにはなかった施設である。

 過疎地の施設であり、ここまでとコンセプトが異なっているように感じた。過疎地であることから医療施設からスタート(過疎地のニーズ)し、入居や在宅サービスなどが増設・併設されてきた歴史である。

*やはり・・・といった感じであるが、長くなったので次回に続きます。

Posted by 大橋 篤志 at 16時34分

ページのトップへ ページのトップへ

October

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Category menu
New entry

Photo gallery

中学生対象に認知症サポーター養成講座開催!

中学生対象に認知症サポーター養成講座開催!

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.