2012年06月20日(水)

今年の新任ユニットリーダー研修 [スタッフ日誌]

 昨日名古屋エリアとしての開催である、新任ユニットリーダー研修が行われた。この研修は、昨年度から実施しているものであり、新任のユニットリーダーに参加してもらう、いわばユニットリーダーの登竜門的研修である。今回はリーダー候補の方も含め20名を超える参加者があった。

 昨年も多くの新任ユニットリーダーさんに参加してもらった。内容としてはユニットケアの基礎的(初級、環境、関係性、生活など)な内容を伝えつつ、ユニットケアの裏側としてユニットをマネジメントすることを伝えていくものとなっている。これは重要な内容であり、効果もあったと昨年の研修を振り返る。

 今年は、そこに『シフト(勤務表)について』が追加になった。これは当法人で使用している1ヶ月の変形労働時間制の仕組みや労働や介護保険上の法的な決まりごとの理解。そして、効果的であり発展的シフト作成を考えると言った内容とした。

 ユニットはユニットリーダーしだいと言われることもある。それだけにリーダーの育成はケアの質を左右する大きな要素である。ただしく知っていると知らないでは、大きな格差が生まれてしまう。

 そのユニットリーダーに与えられた一番の権限はシフト作成である。これを有効に活用できることは、ユニットのケアの質を上げることにもなるし、職場環境を良くすることにもつながると思っている。

 また、それぞれの介護観というテーマで、グループワークも実施した。もちろん、僕も介護観を語らせてもらった。他の人の意見を聞くことで、それぞれの介護観が熟成されていくことを期待したい。

 まだエリアとして若い名古屋エリアである。これからも新規施設のオープンを控えているエリア事情もある。それだけにユニットリーダーの育成は目に前に課題である。今回の研修の効果確認はまだである。初めてのカリキュラムの内容の精査はしていく予定である。今年度はもう一度この研修を予定している。いいものにしていきたいものである。

 「リーダーに一番の必要なものは、知識ではなく、素直さである。」研修の最後をこのようにしめさせてもらった。素直に耳を傾ける姿勢ことが、一番重要な要素であることはゆるぎない。

Posted by 大橋 篤志 at 13時40分

ページのトップへ ページのトップへ

June

2012


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category menu
New entry

Photo gallery

有料 運営懇談会

有料 運営懇談会

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.