2013年09月12日(木)

介護実習生との思い出(水無月ユニットからの便り) [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

実習生演奏

利用者様、職員、実習生とお昼時の会話。
職員「昔何か習い事やってましたか?」
利用者様「やってたかなぁ?んー」
実習生「私お琴をやってますよ」
職員・利用者様「えぇー!聞きたい!」
実習生「やらせてもらえるならいいですよ」

画像(180x129)・拡大画像(500x361)

たくさん集まってくれました

と、何気ない会話から突如演奏会が決定!!
早速学校側に許可を頂き、数日後にお琴の演奏会が決定しました。
せっかくなので有料や他と特養フロアの利用者様もお誘いました。

演奏会前に実習生が琴の調整をしている中、続々と利用者様が集まって楽しみに待っていらっしゃる姿がありました。(そして職員もすごく楽しみにしていました!)

画像(180x143)・拡大画像(500x399)

しみじみと

そしていよいよ演奏が始まります。――
利用者様の知っている曲が奏でられると自然に口ずさみ、いつの間にか手拍子をして大合唱となっていました。
曲を知らなくても琴の音色に感動されて涙を流される方、習っていた事を思い出されたのか、弾いていらっしゃるような動きをされる方、心地よく眠られてしまう方・・・
色んな楽しみ方をされ、演奏会はあっという間に終了となりました。
でも皆様口をそろえて仰って下さったのが「珍しい演奏ありがとう!またあるときにはお願いしますね」などのお礼の言葉。
私と実習生は顔を見合わせて、
心の中は(やっっっったー!¥(゜ロ¥)(/ロ゜)/)といった気分でした。
私の中で実習生と言っても数日の間ではあるけれど、一緒にいる仲間としてみんなに喜んでいただこうと思いました。そして共に作り上げていき、楽しんでもらえたことがなによりうれしい!と思える出来事でした。  

                      Posted by 中だい紗梨


 何気ない会話から・・・。この感じ、とってもいいですね。そして、うれしそうな気持ちが伝わる文面。読んでいるこちらもうれしくなる。何よりこれがいい。「さすが中だいさん」といったところだろう。

 千種には年間を通して多くの実習生が来てくれている。よい思い出となっていることも多い。(反面、残念なこともあるが(笑))

 この実習生は高校生。10日間の介護福祉士実習であった。よい思い出をありがとうである。うれしい気持ちは伝染していく。出会い、別れはあるが、人がつながり行き交う場所として、よい伝染が広がる場所であってほしいと願う。

Posted by 大橋 篤志 at 12時12分

ページのトップへ ページのトップへ

September

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Category menu
New entry

Photo gallery

お餅つき

お餅つき

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.