2010年12月28日(火)

厚労省からメリークリスマス [スタッフ日誌]

 介護保険を取り巻く環境はこのところ大きく動いている。平成24年度の介護保険制度の改定に向けての議論が活発化しているためである。24年度改定はまだ先のことと感じるかもしれないが、実際は法案化とのステップとしては、すでに最終コーナーに近づいている状況である。それどころか前回の改定時に先行導入され、特養などを直撃したホテルコストのことを考えると「どうなることやら」である。

 このところ、ケアプラン有料化や所得による自己負担増、軽度者に対する給付抑制など・・・。負担増が目白押しに囁かれていたことは皆さんご存知のことと思う。そんな年のクリスマスイブに日に厚生労働省から、来年の通常国会提出予定の介護保険法改正案の要点が公表された。

 前評判とは打って変わって負担増は見送りとなった。全体的に小規模の改定となる感じであるが、それでも、不安も多くあるも、肝いりである24時間対応定期巡回サービスの創設は残った。療養病床廃止期限の先送りは目の前の課題として挙がっていた。

 負担増には民主党内にも反対意見が多く断念得ざるを得ない格好であり、保険料は「5000円を超えない金額で検討したい」とのことである。

 このことには、積立金の取り崩しによって保険料のアップ幅を抑える形であることもあり、いろいろな意見もあろうかと思う。結局、話が違うと思うのだ、処遇改善も交付金として現行の継続となった。

 クリスマスプレゼントの根拠となる『いろいろなデータ』も飛び交っている。経営状況、介護と他職種の処遇改善状況などなど。データからは問題がなく改善されたように見える数字が並ぶ・・・。
 
 また、認定ロジックに手が入り見えない形での給付費抑制に進むことも危惧をする。誰のための制度であるのか?ツギハギだらけの介護保険制度に警鐘を鳴らす声は少なくない。

 「本当にこれでいいのだろうか?」 いつも言っていることであるが、介護の現場はもっと自分たちの足元を知ることが必要である。知ることをはじめよう。

Posted by 大橋 篤志 at 18時15分

2010年12月27日(月)

すてきな作品の数々をお披露目“創立祭・文化祭”開催 [施設ニュース]

グレイスフル箕輪では、11月6日(土)に創立祭・文化祭を開催しました。昨年は新型インフルエンザの影響で中止になってしまいましたが、今年は多くの方にご参加いただき無事に行うことができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

一年間お世話になったボランティアの方々に感謝状が贈られました。グレイスフル箕輪はボランティアの皆さんに支えられています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ボランティアといえば、箕輪進修高校の皆さんです。夏祭りに続きお手伝いに来てくれました。男子学生の方がとても良く動いてくれます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

模擬店では、から揚げ、ポテト、豚汁、たこ焼きなどなど・・・なかでも五平餅が「美味しかった」と一番人気!写真を見ていただければわかりますよね。お昼にいただいた松華堂弁当はどこへやら・・・いえいえ五平餅は別腹???

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

年々、上達している作品に驚かされるばかりです。来年の文化祭にはどんな作品が並ぶのでしょうか?

Posted by 施設ニュース担当 at 13時54分

2010年12月26日(日)

れんぎょう・まんさくユニット家族会 [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

11月6日 れんぎょう・まんさく家族会を今年も開催することができました。テーマは“秋の団欒会”とし、ご家族様と一緒におやつをいただきながらの会としました。
 「食欲の秋」ということで、何か一緒に作って、ご家族様、お隣同士などでワイワイ言いながら食べられるものはないか…と考えたときに、どら焼きを思いつきました。中の具をたくさん用意して、ご自由に挟んでいただく形にしたところ、お好きなものを選んでたっぷり入れて挟んだり、いろいろな具を混ぜてみたりと、本当に皆様ご自由に作っておられ、どれも美味しそうでした。何よりも皆様の口いっぱいに頬張った時のうれしそうなお顔でお腹一杯です。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「運動の秋」ということで、突然ですが会が開催してまもなく、短パン・タンクトップ姿に赤白帽をかぶり、首から笛をぶら下げ奇抜な格好をした山口職員が現れました。そこでいきなりラジオ体操第一の音楽が流れることに…。チャンチャララチャチャチャ……という音楽と共に会場がどよめきましたが、有名すぎるこの音楽に、皆さん手が勝手に動いてみえ、一同ラジオ体操が始まりました。お父さん・お母さんの手を取って一緒に体操をしてみえるところもあり、変な企画ではありましたが、たくさんの笑顔を見せていただくことができました。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

他にも、11月のお誕生日の方を紹介させていただいたり、あいうえお作文で職員紹介をおこなったり(中にはコーラの一気飲みを披露する職員もありました)、恒例のお写真をスライドで流したりと、私のおぼつかない司会で大変申し訳なく感じましたが、時は流れていきました。
 会を開催させていただくまでに、不慣れなこともあり、かなり山あり谷ありでいろいろな方にご迷惑をおかけしましたが、れんまらしい家族会となったような気がします。利用者様からのねぎらいのお言葉、ご家族様からのアンケートでのうれしいお言葉、れんま職員一同胸にとめ、これからもよろしくお願い致します。

                 れんぎょう・まんさくユニットリーダー 水野貴代
 

 当日は僕自身も参加させて頂いた。今回は秋を感じて頂く為にいろいろと工夫を凝らしていた。利用者様同士・利用者様とご家族、ご家族様同士・職員と利用者様・職員とご家族様などなど様々な交流が自然とあったとても温かい家族会であった。少し遅くなりましたが、改めまして参加頂きましたご家族様、誠にありがとうございました。

Posted by 藤田介護長 at 18時37分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

December

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Category menu
New entry

Photo gallery

認知症サポーター(コンビニ後編)

認知症サポーター(コンビニ後編)

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.