2010年12月31日(金)

名古屋での初年越し [スタッフ日誌]

 今日は大晦日。今年も残りわずかとなってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?もちろん僕は今日も出勤しております。ここ数年こんな生活であり、自分自身としては当たり前の風景である。

 本日朝の通勤時にまず一つびっくりがあった。いつも混み合って押され流されている通勤電車で座ることができた。しかも余裕であり、いつも電車では感じることはありえないことに電車内が寒かった。ここ数日混雑してなかたっとは言え驚きであった。朝、施設を回っているときに見る道路も車の姿はまばらである。流石大晦日といったところである。

 そんな名古屋での初年越しである。朝、雪がチラついていたこともあり心配していたが、例年通り入院している方のところへ年末の挨拶に行って来ることもできた。何が心配って、自転車を駆って2つの病院をハシゴすることになっていたのだ。雪が積もっては自転車では無理では無理もあろう。まあ、防寒具の持参には抜かりなしであったが、それでもかなり寒かった。

 ここも例年通りであるが、施設内の伝言板に「大晦日は大晦日らしく」「正月は正月らしく」過ごしてほしいとお願いをした。日本人の大事にしてきた文化を守ること、それを生活の場として共に過ごすこと。これも我々介護の現場にとって大事な仕事である。

 そこに生活があるためには、共に過ごすことが必要なのだと思う。大晦日や正月をイベントとして捉えるか、共に過ごす生活者として共に過ごすと捉えるのか?気にもしないのは論外としても、このことの違いの重大性を理解していかないと生活施設から収容施設へと成り下がってしまうようにも感じている。

 話を戻そう。今年の年越し、正月がどのような風景となるのか?それぞれの家(ユニット)での風景を楽しみにしたいと思う。まずは年越しである。明日を楽しみにしたい。

 そういえば昨年の元旦は大雪であった。早番の出勤状況を危惧したり、大きな雪だるまを作ったのを思い出した。今年は雪だるまではなく、ダイヤの乱れの心配である。

 さて、部屋の大掃除も済ますことができた。もう少ししたら年越しをされる夜勤の方々のお顔を見に行くことにしよう。そして皆さんに年末の挨拶を。どこにいても大晦日は大晦日である。

 では、よいお年を!!

Posted by 大橋 篤志 at 17時28分

SS・DS合同クリスマス会  [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 今回はSSの大田さんからのブログである。

 12月・・今年も残すところあとわずかです!!社会人1年目である私にとってこの年はたいへん中身の濃い一年でした。なにもかも初めての経験でわからないことだらけで周りの人にたくさん迷惑をかけました。落ち込むことも多々ありました。しかし、こうして無事新しい年を迎えられるのは利用者様の温かい励ましがあったからです。
12月は初めて担当を任されたデイサービスと合同のクリスマス会&家族会がありました。デイサービスのハンドベルが始まると手拍子してくださる利用者様や持参したデジカメで写真を撮る利用者様など思い思いの楽しみ方でクリスマス会を楽しんでみえました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

また、ボランティアの子供たちが手作りのクリスマスカードを一人ひとりに配ると自然と笑顔がこぼれ、「ありがとう。」と握手する方や書かれているメッセージを何回も読み返す利用者様もみえました。
家族会ではクリスマス会が延び、予定していたことが出来ないというハプニングもありましたが、乾杯の後におやつバイキングスタート!!和やかな雰囲気の中、プレゼント渡し&サンタクロースとの写真撮影でおおいに盛り上がりました。プレゼントを受け取ると「孫にいい土産が出来た。」と満面の笑みで喜んでくださる方もいました。
日々の生活の中で利用者様の温かい笑顔や感謝の言葉が介護の現場で働く職員にとって何よりも支えになっているということを再確認しました。私たちがそうであるように利用者様にとっても私たちの笑顔や頑張りが支えになることを目標にこれからも頑張っていきたいと思います。
   
                     はなみずき・さくら  大田 真紀

 初の担当でドキドキしていたかとは思うが、司会も堂々としており「成長」をしっかりと感じさせてくれた。今後も皆さんに笑みがこぼれるように、いろいろ工夫しながら頑張っていってもらいたい。
 改めまして、家族会に参加してくださったご家族様、誠にありがとうございました。

Posted by 藤田介護長 at 16時49分

2010年12月30日(木)

望!!年会 [施設ニュース]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

利用者様特製ケーキ

グレイスフル岡谷デイサービスでは、毎年恒例の忘年会を開催しました。季節感をという職員の思いつきで始めた行事ですが、準備をし始めると、あれもこれもと盛大な行事になりました。

サンタクロースも登場(かわいい?トナカイも登場してます・・・笑)し、職員手作りのクリスマスカードを皆さんにお渡ししました。

今年一年皆さんはどんな年だったでしょうか?グレイスフル岡谷の利用者様も無事年を越えることができそうですね。

来年も良い年になりますように・・・。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

俺もやってみるぜぃ


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

サンタとトナカイ(笑)


Posted by 施設ニュース担当 at 19時50分

2010年12月29日(水)

今年一番のニュース2010 [スタッフ日誌]

 今年も残すところあとわずかとなってきた。とはいえ、施設はやはり365日24時間営業であることには変わりはなく、仕事納め収めという概念が僕の中にほとんどない。このことに関しては特に問題に思ったことは僕にはなく、それどころか、こんな時こそは仕事をしているのが好きなくらいである。(ちょっと変かも?と思いますが・・・。)

 話は変わるが、今年も例年通り『今年一番のニュース』について書こうと思う。これまで『中日ドラゴンズ日本一』『介護の人材問題』。そして昨年は『ミスタードラゴンズ立浪選手引退』となっていた。過去3年間続けてきたコーナーであり、皆さんも予想されていることと思うが(そんなわけない)今年は何になるだろうか?

 これまでの傾向としては、リーグ優勝を果たしたドラゴンズネタの予想も多いことと思う。でも流石に4回中3回というのは無しか?人生初めて号外を手にした(ちょっとうれしかったのです)名古屋グランパスとのダブル優勝とするならアリだろうか?

 個人的には確実に千種への異動がダントツであろう。昨日は本部の納会もあった。そして今日の出勤時の電車は昨日までとは別世界であった。(明日以降はもっと違うのであろうが)そんなこともであるが、今までに経験したことにない初体験が良し悪しあるも満載である。個人的なことであれば、下の子どもの小学校入学も大きな出来事であろう。とはいえあまりに個人的なことであるので「却下」である。

 では、どうしようかであるが、今年を振り返ってみて思ううことは、介護業界にとって衝撃的なニュースが多かったと思う。

 今年10月に発生したショートステイ利用中の男性による傷害致死事件は流石に言葉を失った。4月に報道された今までの想像を超えた虐待のケースなどなど。その背景には新種・旧種問わず、世間の常識から逸脱することに疑問を持たなくなる、『施設病』が見え隠れしている。
*この施設病については過去何度も触れているので、ブログ内検索してもらいたい。

 非常に恐ろしいこの施設病は感染力も強い。施設風土の乱れから緩やかに広がり、一気に猛威を振るう。そして、これは珍しい病気ではないことが深刻な問題であろう。種類も多様化してきているとも感じる。それだけに、誰でも何処でも発生のリスクを持っていることを自覚しなくてはならない。

 厳しい話題であるが、対岸の火事ではない。ましてや業界の底辺だけが抱えている問題でもない。今後、業界にとっての底辺と思われるているような出来事が身近で広がっていくことは予想するに容易い。そんなわけで戒めともしたいので今年の一番のニュースは『施設病の広がり』とする。最後に一言。「感染症対策の基本は予防である」

Posted by 大橋 篤志 at 16時59分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

December

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Category menu
New entry

Photo gallery

絵手紙

絵手紙

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.