2011年05月04日(水)

今年度のお話(年度初の難しい話 前編) [スタッフ日誌]

 年度末、年度初めといろいろバタバタ過ごしていたが、気が付けば5月に入っている。早いもので今年度も1カ月が経過したということである。連休真っ盛りの本日。久しぶりに難しい話題にしようかと思う。

 もちろん今年度の事業計画の策定は完了した。今年は名古屋エリアとしての動きが活発であり、エリアの教育体制やケアプランの新しい形を模索したりなどと大きなテーマも含んでいる。その事業計画達成のためのスケジューリングである実行計画も、すでに出来上がっている。

 実行計画とはいついつまでのこれを達成し、その先にはこれに取り組む・・・。といった具合に目標達成までの工程を分解し、それに合わせて日程的な計画を立案するものである。

 これらを管理する仕組みはさまざまであるが、千種においては、毎月管理の仕組みとなっている。そんなわけで、5月を迎え今年度初のスケジュール管理をしたわけである。

 このスケジュールを毎月管理していくことが最終目標達成のために重要なことである。まあ、常に目標を意識しながら、仕事をしているつもりであるので、管理はルーティンワークではある。でも、振り返りながら月単位でまとめる管理スタイルが僕のマネジメントスタイルであるということだ。

 自分のスタイルを知ることも、まずもって大事なことだと思う。

 「なんとなく・・・。」や「こうやれと言われているからやっている」ではなく、「なぜ、このような管理をしているのか。」このことをわかって実行できている人とそうでない人の違いは思っている以上に大きい。

 話はそれたが、スケジュールを管理することの重要性は先にも触れた通りである。しかし、スケジュールが順調であっても目標には届かないこともある。ここが目標管理の難しいところだ。

 「そんなら修正すればいいだけじゃん」と言いたいところであるが、順調なものに手を加えることを躊躇してしまうものである。そんなわけで案外簡単なことではないのだ。あくまでスケジュールは目標達成のためのツールであるという認識が必要だということである。

 マネジメントには意思決定がつきものである。意思決定とは、特定の目標を達成するために、ある状況において複数の代替案から、最善の 解 を求めようとする行為である。

※長くなったので次回に続きます。

Posted by 大橋 篤志 at 19時05分

2011年04月30日(土)

端午の節句 [ボランティアニュース]

画像(180x135)・拡大画像(307x231)

繊細で凛々しいかぶとが完成

デイサービスセンターグレイスフル日義では、地域のボランティアグループ"山吹会"の皆さんを迎えて、作品作りをしました。今回の作品は"端午の節句"にちなんだ"かぶとの壁飾り"。細かい作業もあったので、職員も加わり二人三脚で作りました。毎回のことながら、丁寧に用意された材料(生地など)の美しさに感心するとともに、感謝の気持ちで一杯になりました。ひと足早く"こどもの日"をお祝いしました。

Posted by 施設ニュース担当 at 10時45分

2011年04月29日(金)

花見〜やまぶき・きんもくせいからの便り〜 [スタッフ日誌]

画像(180x134)・拡大画像(365x273)

今年のやまきんの花見は各務原市にある苧ヶ瀬池へ花見弁当を持って行きました。「苧ヶ瀬池」は池の真ん中に本殿があり、周囲約2キロの周りにはいくつかの神社やお休みどころがあったりと、「県下新八景」の一位に選ばれるほどの観光名所です。花見スポットとしても有名な苧ヶ瀬池でゆっくりと過ごして頂きたいと、4月5日にきんもくせいの利用者様、4月11日にやまぶきの利用者様に行って頂きました。
5日のきんもくせいの花見では利用者様全員が参加することができ嬉しく思いました。桜は満開とはいえませんでしたがとても綺麗に咲いていました。花見弁当も準備している途中、フライングで弁当を食べようとされる方もみえ笑いを誘いました。和やかな雰囲気で花見弁当も「おいしいね。」と好評でした。また、芝生にビニールシートを敷いて寝っころがる方やビールを飲まれる方もみえ花見の気分を存分に味わっていただけたのではと思います。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

神社近くで鯉に餌をやっている方がみえたので利用者様と一緒に見学しましたが、大きい鯉がたくさんいて「すごいねぇ。」と驚かれる方もみえました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

皆さん久しぶりの外出で帰り際には眠たそうにされてみえました。
11日のやまぶきの花見では残念ながら体調不良などで3名の方が行けず、7名の利用者様と花見をしました。丁度桜は満開の日で風に吹かれて散るところが綺麗で利用者様と「きれいだね。」と会話にも花が咲きました。

画像(180x138)・拡大画像(640x492)

ここでも男性の利用者様が「運転の心配せんでいいから。」とお酒を飲まれました。飲まれた後はほろ酔い気分で「まあ桜はいい。」と一足先に車で横になって休んでいました。そんな中での花見弁当は格別に美味しく、職員の差し入れの赤飯も食べてお腹いっぱい笑顔満点な花見でした。少し休んでから散策にも行きました。介護長と苧ヶ瀬池(約2キロ)を一周された方もいました。職員も気持ち良さからビニールシートで横になる人もいて職員も花見を楽しむことができました。

準備をするのは大変でしたが利用者様のいつもとは違う生き生きとした表情をみることができて嬉さと達成感で「やったどー。」と叫びたいほどです。(近所迷惑なので実際にはやりませんが・・・。)
やまぶき・きんもくせい一柳 巴子

僕も11日のやまぶきのほうのお花会に参加させて頂いたが、春の四季を感じ、まさに五感が刺激される素敵なお花見会であった。途中、近所の方との交流?もあったりと和やかな会であった。日光を浴び、外の空気に触れ、匂いを感じみんなでがははと笑いあう。大勢での外出は大変ではあるがたまにはいいものである。

Posted by 藤田介護長 at 15時10分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

May

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Category menu
New entry

Photo gallery

曜日対抗グレイスフル選手権

曜日対抗グレイスフル選手権

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.