2011年05月06日(金)

今年度のお話(年度初の難しい話 後編) [スタッフ日誌]

 前回【2011-05-04今年度のお話(年度初の難しい話 前編)】の続きから

 前回引き続き難しい話であるが、目標達成のスケジュールについてである。スケジュールが順調ではない場合には、それに対する意思決定が必要となる。この場合の意思決定で代表的なものは変更や中止といったところであろう。

 これら意思決定をするためには、情報収集(マーケティング)が必要となる。順調でないのは一部か?全部か?その理由は?問題点は?・・・。考えだせばキリがない。

 それらの情報を元に判断をするわけであるが、実は「継続」という意思決定も存在しているのだ。「なんだ〜普通のことじゃん」と思うかもしれないが、これが意外とできていないことは多い。

 その場合、しっかりと『意味をもって継続という意思決定』をするということを忘れてはいけないのだ。「なんとなく」や「とりあえず」なんて理由はもちろん論外である。継続の理由、その期間、今後の見込みなどをしっかり定めることが継続には必要でもある。

 そして、何よりその背景に『「世の中のもの全ては陳腐化する」という原則のもとに立っているかどうか』が問われる。このところの中東などの情勢を見ていてもわかるように国という強固なものですら、その存在を変えてしまう。高度成長時代の常識がエコ時代の常識とは180度違っている。永遠に正しいということはあり得ないのである。

 だから当たり前の継続はない。

 目の前の利用者に目を向けることが僕たちの一番の仕事である。このことは、誇るべきことではあり、否定するべきことではないだろう。介護の護るは「まもる」という意味を持つ。しかし、当然の現場第一主義が、新しい変化を受け入れにくくしてる土壌ともなっているかと感じることがある。

 発展も含め、まだまだ移り変わりの激しい介護業界。そのスピードは半端ではない。それだけに、僕たちは他業種と比較しても、この原則を常に意識していく必要があるのだろう。

 今年の事業計画の話から思った以上に飛躍してしまった。私論も多くあった。難しい話題であった。それでもおつきあいくださりありがとうございます。年度が変わり、やっと自分で手がけた計画で行動ができるようになったこと。それに浮かれて、ついつい勢いにのってしまった・・・。「そんなことで」と笑って許してやって下さい。

Posted by 大橋 篤志 at 18時35分

2011年05月04日(水)

今年度のお話(年度初の難しい話 前編) [スタッフ日誌]

 年度末、年度初めといろいろバタバタ過ごしていたが、気が付けば5月に入っている。早いもので今年度も1カ月が経過したということである。連休真っ盛りの本日。久しぶりに難しい話題にしようかと思う。

 もちろん今年度の事業計画の策定は完了した。今年は名古屋エリアとしての動きが活発であり、エリアの教育体制やケアプランの新しい形を模索したりなどと大きなテーマも含んでいる。その事業計画達成のためのスケジューリングである実行計画も、すでに出来上がっている。

 実行計画とはいついつまでのこれを達成し、その先にはこれに取り組む・・・。といった具合に目標達成までの工程を分解し、それに合わせて日程的な計画を立案するものである。

 これらを管理する仕組みはさまざまであるが、千種においては、毎月管理の仕組みとなっている。そんなわけで、5月を迎え今年度初のスケジュール管理をしたわけである。

 このスケジュールを毎月管理していくことが最終目標達成のために重要なことである。まあ、常に目標を意識しながら、仕事をしているつもりであるので、管理はルーティンワークではある。でも、振り返りながら月単位でまとめる管理スタイルが僕のマネジメントスタイルであるということだ。

 自分のスタイルを知ることも、まずもって大事なことだと思う。

 「なんとなく・・・。」や「こうやれと言われているからやっている」ではなく、「なぜ、このような管理をしているのか。」このことをわかって実行できている人とそうでない人の違いは思っている以上に大きい。

 話はそれたが、スケジュールを管理することの重要性は先にも触れた通りである。しかし、スケジュールが順調であっても目標には届かないこともある。ここが目標管理の難しいところだ。

 「そんなら修正すればいいだけじゃん」と言いたいところであるが、順調なものに手を加えることを躊躇してしまうものである。そんなわけで案外簡単なことではないのだ。あくまでスケジュールは目標達成のためのツールであるという認識が必要だということである。

 マネジメントには意思決定がつきものである。意思決定とは、特定の目標を達成するために、ある状況において複数の代替案から、最善の 解 を求めようとする行為である。

※長くなったので次回に続きます。

Posted by 大橋 篤志 at 19時05分

2011年04月30日(土)

端午の節句 [ボランティアニュース]

画像(180x135)・拡大画像(307x231)

繊細で凛々しいかぶとが完成

デイサービスセンターグレイスフル日義では、地域のボランティアグループ"山吹会"の皆さんを迎えて、作品作りをしました。今回の作品は"端午の節句"にちなんだ"かぶとの壁飾り"。細かい作業もあったので、職員も加わり二人三脚で作りました。毎回のことながら、丁寧に用意された材料(生地など)の美しさに感心するとともに、感謝の気持ちで一杯になりました。ひと足早く"こどもの日"をお祝いしました。

Posted by 施設ニュース担当 at 10時45分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

May

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Category menu
New entry

Photo gallery

和歌山からの音色

和歌山からの音色

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.