2012年07月26日(木)

文月町屋台開店!!(文月ユニットからの便り) [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

異国の味

屋台イベントとしては第3回目となる。

田楽・ナポリタン&たこ焼&お好み焼きに続き、今回のメニューは”キンパ&チヂミ”!異国の味を知ろう!がコンセプトであった。

屋台イベントはいつも活気にあふれている。屋台で食べ物を焼く音、職員の威勢のいい「いらっしゃいませー。」の声。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

調理開始

屋台のまわりに自然と利用者様が集まる。今回は、韓国の食事ということもあり、利用者さまも興味津々。食材準備の段階から早くも大勢の利用者様が集まった。

せっかくだから、作るのも体験していただこうと思い立って、キンパ作りに参加していただいた。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

どうですか?

キンパは日本の巻き寿司に似ている。それもあって、利用者様の手つきも手馴れたものだ。キンパ作りを手伝っていただきながら、日本の巻き寿司と韓国のキンパの味の違いや、巻く中身の違いについて、韓国生まれの職員が説明。すると、皆さん「ホーッ。」っと相槌をうたれながら、真剣なお顔。

包丁で切るとき、ちょっと苦戦しながらも、ついに完成!懇親の出来である。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

もう少し

皆さん、「美味しい、美味しい。もうちょっと頂戴。」と仰られながら、たくさん食べてくださった。夕飯食べられるのかな・・・。文月町屋台閉店。今回も無事に成功。

イベント開催は、人手もいるし、準備にも時間をかけ、大変なことが多い。だが、何だろうこの充実感は。

利用者様の笑顔がたくさんみられるから!?

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

完成

利用者様の新しい発見があるから!?

職員が協力しあって1つになれるから!?

今日も文月町屋台にはたくさんの笑顔があった。私自身、新しい発見もあり、本当にいいイベントになったと思う。今日も文月町屋台にはたくさんの笑顔があった。私自身、新しい発見もあり、本当にいいイベントになったと思う。

                      Posted by 藤代 沙弓

 第3回となった歴史ある(笑い)屋台イベント。利用者様の笑顔の花が咲いていた。ただ、それ以上に職員の笑顔の花も満開であった。

 時々「大丈夫??」と思うこともあるほど元気がいい。これこそが、このユニットの強みである。楽しみを作るためには、自分も楽しくは基本中の基本である。そして、相互に関係しあうことはユニットケアの本分でもある。


 見ていてうれしくなる光景に出会えることが、僕にとっては何よりのご褒美である。本当に感謝である。

Posted by 大橋 篤志 at 19時23分

2012年07月23日(月)

フラワーパーク!?〜園芸ボラさんと作った大きな『ハート』〜 [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今回はボランティア担当大田相談員からの頼りである。

 皆さん、こんにちは。毎日暑い日が続きますね。
7月は毎年恒例の納涼祭を企画しております。納涼祭に向けて、色々と準備に追われる毎日ですが、ふと1階中庭の花壇に目をやると役目を終えたパンジーがどこか寂しげに咲いていました。納涼祭では中庭で盆踊りや花火を計画しているので、これを機会に花壇を植え替えようと決心しました!!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

しかし、私一人の力では難しいので、日頃からお世話になっている園芸ボランティアの栗田さんに協力を依頼し、栗田さんのお友達や介助員さん含め10人がかりで900株近くのお花を植え替えました。
 
植え替え当日、まず土の状態をよくするために肥料をまき、介助員さん自前の耕運機が登場!!慣れた手つきでどんどん土を掘り返してきます。耕耘機でできない部分は鍬で耕し、フカフカの土が完成しました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

中央はベコニアでハートを作り、隙間に竜のひげ、両サイドに日日草とポーチュラカを雑草が生えても手入れしやすいように賽の目状に花を植えていきます。時折、3階のベランダからハートの形を確認。何度も微調整を繰り返し、少しのズレも許しません(笑)!!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

途中、お茶休憩もとりながら、朝9時頃から始めてお昼頃に完成!!

上から見た利用者様の中には「ハートやったよ!」と嬉しそうに話してくださる方もみえました。
炎天下の中、ご協力してくださったボランティアの皆さん本当にありがとうございました。


なお、花苗は家族会からもご協力いただいております。土に根を張っていく花のようにジョイフル各務原も地域に根付いた施設づくりをこれからも目指していきたいと思います。

ぜひジョイフル各務原に足を運びの際には花壇に目を向けてみてください。

                 相談員  大田 真紀

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 藤田介護長 at 20時29分

2012年07月20日(金)

本日は実地指導 [スタッフ日誌]

 本日は千種の実地指導が行われている。ここまでのところは大きな問題はなく経過していると思う。とはいえ、午後に向けて「どうなるやら」ではあるが、まあ大丈夫ではあろう。

 そもそも実地指導は、法的に問題があるかどうかが一番の着眼点である。そうなると当然、できていることをチェックしていかれるわけであり、それほど心配することではないものである。

 それでも法的な部分の解釈によっては、思い違いをしている可能性もある。この思い違いは、こちら(施設側)では当然起こるが、あちら側(行政側)に起こることもある。

 介護保険制度は追加や変更を繰り替えし、今に至っている。まさに、ツギハギだらけの状態なのだ。だから、見る側、見られる側の制度理解力が逆転することもある。まったく、おかしな話ではあるが、珍しいことではない。

〜〜〜ここまで、昼休みに記載〜〜〜

 先ほど、実地指導が終了した。細かい部分はいろいろあったが、大きな指摘や問題はなく終えることができた。これも普段の仕事の賜物である(笑)と思っておこう。 

 お互いに疑問点をぶつけ合う場面もあった。また、疑問に思っていた点を質問し整理することもできた。あやふやになっているたことの整理ができたことは、単純に良かったと思う。建設的な意見交換も、できたのではないだろうか。

 今回は特養、居宅、デイサービスの実地指導と監査であった。する側とされる側の立場は、職員と利用者の立場関係に例えられることも多い。お互いの立場の違いはいかんともしがたいものである。しかし、立場の前に人同士の関係性がある。

 自身の価値観を固持する姿勢は、前に進むことができないばかりか後ろに下がる事も困難にする。そうはならないようにしたいものだ。そんなことを思ったりもした本日であった。

Posted by 大橋 篤志 at 18時29分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

July

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Category menu
New entry

Photo gallery

ボランティアへのフォローアップ要素と課題(前編)

ボランティアへのフォローアップ要素と課題(前編)

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.