2015年12月31日(木)

2015今年の一番ニュース [スタッフ日誌]

皆さま、ご無沙汰しております。

 どうも更新頻度が落ちてしまい、あれよあれよと大晦日である。「まあ、書くことをやめようか」とも思ったが、やはり気持ち悪いので書くことにしました。(笑)ということで今年の一番ニュースです。

 さて、何がいいか?候補をいくつかあげていこう。

 総理が高らかに叫ぶ「介護離職ゼロ」はどうだろうか。正直「急に何を言い出すのでしょうか?」とポカーンとしてしまった。てっきり介護職員の離職ゼロを目指すのかと思ったと、当初勘違いが横行。そして、建物作っても働く人がいないよと大合唱。この一連の流れを何回聞いたことか。世論を巻き込んだことは一定の評価と思うし、脱施設一辺倒ではない方向とも取れる。


 「新総合事業に向けて」も大きな話題である。先行して今年度から実施している自治体もあるが少数派。春日井市は来年度からとのことであるが、まだまだ全容が見えない。準備期間は欲しいのが切実な話である。

 話題になったといえば、某有料老人ホームの転落死と虐待が一番であろう。とんでもないことが起こったものである。憤りを未だに感じている。正直あの事件以来、虐待を疑った問い合わせは急激に増加した。もちろん当施設においてはそのような不適正なことはない。正直に取り組んでいるつもりである。当該職員の処分は当然であるし、結果として3ヶ月間の報酬請求の停止となったわけである。しかし、それで罪が許されるわけもない。全国の真面目に取り組んでいある大多数の介護に携わる人達にも頭を下げて欲しいと思う。

 あまり良くない話題が続くが、高齢者の貧困問題である。下流老人なる言葉が生まれ話題となった。実に高齢者9割が貧困となる恐れもあると警鐘をならしたのだ。ただ、これは今に始まったことではないし、間違っているとは思わないが、偏った見方の一つであろう。

 介護保険は徐々に形をかえつつある。2割負担。新総合事業。特養入所要介護3以上などなど。すべて財源問題が論点である。保険制度として担保されているものが変容していくことは如何なものであろうか?徐々にであるので、財源がないなら仕方ないと慣れてきてしまっているのも問題だろう。

 振り返るといろいろあったが、あまり良くない話題が多いし、これからの変化に向かっている途中でるものも多い。と言うことで、軽い話題で行くことにします。

 今年の1番ニュースは
 
 「自分自身の春日井エリアへの異動」とします。

 ジョイフル江南の在籍はなんと10ヶ月。そしてグレイスフル春日井へ移った今年。余談であるが、これで江南・岐阜・名古屋・春日井とエリアを渡り、法人内エリア制覇に長野エリアリーチとなった。(笑)全制覇した鉄人もいらっしゃり、その方の足元にも及ばないが、必要とされている場所で、自分自身にできることを真面目にやっていきたい。

Posted by 大橋 篤志 at 18時20分

2015年12月01日(火)

大満足!!栗ごはん [今月の献立]

木枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

フラワーコート江南では、様々な認知症予防の取り組みを行なっています。利用者様と一緒に、季節に合わせた昔なじみの食事作りも、その取り組みの一つです。

「秋といえば栗ごはん!!昔はよく栗ごはんを作って子どもに食べさせてあげたわ。」
という声を聞いて″栗ごはん″を作ることになりました。

栗ごはんに合う献立、使用する食材とその切り方も、利用者様に考えていただきました。

〈本日の献立〉
    栗ごはん
    豚汁
    しらすとピーマン炒め物
    金平ごぼう     
                              

包丁やはさみ、ピーラーを使って野菜を切ります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大量のねぎを、集中力が途切れることなく細かく切られる方や、料理をした事がなかったという男性の利用者様が、ごぼうのささがきを、均一にきれいに切る姿に驚きました。
 また、包丁の扱いに苦戦している方に「私がやろうか」とやさしく声を掛けられる方など、利用者様の意外な一面を発見できる機会にもなりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

もちろん、味付けも利用者様にお任せです♪

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「豚汁おいしかった」
「また食べたいね、今度はいつ?」
「栗ごはんおいしかったなぁ」
などなど、大好評。

ちょっと多めに出来上がりましたが、
残さず全部召し上がりました!!

それぞれの家庭でどの様に作っていたのか、料理の話に花が咲き、
普段はあまり自分から会話をされない方も、しばらくの間、食事を作った時のことを嬉しそうに思い出してお話をされていました。

これからも、昔の事を思い出しながら、季節も感じていただけるような食事を作っていきたいと思います。

Posted by 今月の献立担当 at 14時25分

2015年11月02日(月)

「喫茶サロン」 [スタッフ日誌]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 サンライフ、サンビジョン法人の各施設では、利用者様に楽しみを持ち、健康で生活できるよう支援をさせて頂いています。
 サンライフ江南では、利用者様に楽しみを持ち、元気に生活して頂けるように、アクティビティの一環として毎日の体操やゲームなどのアクティビティと月に2回、「喫茶サロン」を開催しています。
 「喫茶サロン」では利用者様に季節に合った作品を作って頂いたり、カラオケ、コミュニケーションロボットを活用し、ダンスなど参加される利用者様の要望に応じながら実施しています。
 カラオケはとくに要望が多いため、月に1回は「喫茶サロン」で実施し、フロアでもハンディカラオケお活用し実施をしています。声を出す機会を持つことで嚥下機能にも良い影響をもたらすことができますし、ストレス発散にもなるので積極的に取り入れています。利用者様も好きな歌を思い思いに歌われ、おおいに楽しんでいます。
 作品作りではおおきなアジサイの花をみんなで作ったり、うちわ作りや作品ではありませんがスイカ割りしたりとその季節でしかできないことを取り入れ、季節感を味わうことができています。また、一つの作品を完成させることで、充実感を得るだけでなく、利用者様の自信にも繋がっていると感じています。「できた!」「楽しい!」という声が職員の喜びにも繋がります。
 今後も利用者様の要望を伺いながら、利用者様に元気に健康で過ごして頂けるよう取り組んでいきたいと思います。


               サンライフ江南 長尾一志

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 滝 介護長 at 18時21分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

December

2015


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Category menu
New entry

Photo gallery

涼やかに飾りつけ

涼やかに飾りつけ

Search


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 SUN SUN STYLE All rights reserved.