なめらか食 普通食のような嚥下食


「嚥下食とはミキサーにかけた食事」という今までの考えを変えませんか?「なめらか食」は見た目もおいしい嚥下食です。
なめらか食レシピ紹介

ハンバーグ 〜デミグラスソース〜

画像(180x115)・拡大画像(189x121)

【ポイント】
・ハンバーグの焼き目をバーナーで付けて見た目が普通食に近づくよう演出する。
・じゃが芋は粘性が強いので、水分量やゲル化剤を調整する。
・コーヒーフレッシュは直前にかける。
(加熱によってデミグラスソースと混ざってしまうため)

[材料]10人分

◎ ハンバーグ
冷凍ハンバーグ(蒸したもの) … 600g
コンソメスープ(材料の35%) … 210cc
ゲル化材(材料の1%) … 6g

◎ じゃが芋
じゃが芋(粉ふき芋) … 200g
コンソメスープ(材料の35%) … 70cc
ゲル化材(材料の1.2%) … 2.4g

◎ 人参
人参(グラッセ) … 200g
コンソメスープ(材料と同量) … 200cc
ゲル化材(材料の2%) … 4g

◎ 仕上げ
パセリ粉 … 適宜
デミグラスソース … 300g
コーヒーフレッシュ … 適宜

[作り方]

? 蒸したハンバーグに分量のスープを加え、フードプロセッサーかミキサーにかける。

画像(180x115)・拡大画像(189x121)
画像(180x115)・拡大画像(189x121)

? ゲル化剤を?に加えて鍋に入れ、泡立て器で混ぜながら80℃以上に加熱する。

画像(180x115)・拡大画像(189x121)
画像(180x115)・拡大画像(189x121)

? 楕円形の型に?を流し込む。

画像(180x115)・拡大画像(189x121)

? じゃが芋と人参も?まで同様にして、それぞれラップの上に広げる。
? じゃが芋はラップの向こう端を両手で持ち、手前に引き寄せる。
   幅3cm×厚さ2cmぐらいに折りたたむような感じで成形する。
   人参は幅2cm×厚さ1.5cmぐらいに成形する。
? 冷蔵庫で?と?を冷やし固める。
? ハンバーグが固まったら、型から出して底の部分が表面になるようホテルパンに並べ、
   鉄串で焼き目を付ける。

画像(180x115)・拡大画像(189x121)

? じゃが芋は乱切りにし、人参はグラッセの形に切る。
? 器にハンバーグを盛りつけ、じゃが芋と人参を添える。
? 60℃まで加熱する。
? デミグラスソースを作り、ハンバーグにかける。
? じゃが芋にパセリ粉を、デミグラスソースの上にコーヒーフレッシュをかけて完成。

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト
サンサンスタイル
なめらか食レシピ本

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 SUN SUN STYLE. All Rights Reserved.